ログイン

メールアドレス
パスワード


会員登録がまだの方はこちらから無料登録ができます。

登録がうまくできない方
『 こちら 』
からメールを送ってください。



オオサカ堂

治験バイト検索

都道府県
性別
年齢
キーワード

治験ボランティアについて

●治験とは?

製薬メーカーが開発した治療効果のある薬剤を医薬品(お薬)として販売するためには、事前に、厚生労働省に承認、認可してもらうことが法律で義務づけられています。
その為には、承認前の薬剤(医薬品候補)を、実際に患者や健康な人に投与することにより、安全性(副作用の有無、副作用の種類、程度、発現条件など)と有効性(効果、最適な投与量・投与方法)を確かめる必要があります。
この、「新薬開発」の為の「治療を兼ねた試験」のことを「治験(ちけん)」と言います。

皆様が服用される薬剤(処方箋のお薬・市販薬)は、何年にも及ぶ研究の末に開発されたものです。その薬剤の成分が何に効果があるのかが判明していてもすぐに使用することは出来ません。 お薬の安全や正しく使う量などを確かめなければならないからです。その為には何段階にも分け、臨床試験が必要になります。

これらの治験(臨床試験)で得たデータを、薬事法第2条第16項の定義に基づき、製造販売を国に承認申請をし認可を得るのです。 認可を得て初めて医薬品(お薬)は製造販売ができます。そして、皆様の病気の治療や症状の緩和に使用するために、皆様に服用して頂けるようになるのです。
多くの治験・新薬モニターやボランティアの方々に治験に参加していただくことで初めて、新しいお薬を世に送り出すことができます。治験に参加するということは、その意味で社会に貢献するとても意義のある活動であると言えます。

●治験ボランティア参加のメリット・デメリット

メリットデメリット

●新薬開発と治験のプロセス

流れ

●試験に参加するには?

まずは当サイトから会員登録(無料)をお願いします。

ページトップ